October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ブログ再開します!!そして、お別れです

              
だいぶ空いてしまいましたが、
気持ち新たに進めていきます!


実は、こんな僕を掻き立てることが
本日ありました。


今日まで9年間弊社に勤めてくれた
美穂さんの退社日だったのです。



本当に大変だったと思います、統括店長として色んな目配り
気配りをしてくれていました。


感謝してますよ、こころから。


そして、彼女の成長とともにfragranceいや会社も
成長したのだと思っています(まだまだですけど)。


でも、ちまたにはこんなにサロンがあるのにうちを
選んでくれてありがとう。


また、今回一身上の都合で退社される千裕さんも
3ヶ月のお付き合いでしたが助かりました!
ありがとうございました。


出会えて良かったですよ、ほんと。



ところで、美穂さん!
いつ幸せになるの?













 

成長を感じる瞬間!


              
週末の夜に友人の誕生会を
行いました。

その友人は、6年前に娘つながりで
できた友人です。(娘同士同級生)

あろうことか、その彼と僕も
誕生日が2週間ぐらいしか変わりません。

だから、どうしたネタ(笑)ですが。。。
いろいろな意味で近いのです。

そんな彼、僕に色々と言ってくれます。
(その一部から)

『 髪型が昔のジャニーズっぽいね! 』
『 その靴の汚れどうにかならない?』
『 ひとが話してるときスマホさわるなよ! 』と。

少しデフォルメされている感じですが(苦笑)、
ほぼノンフィクションです。

でも、正論ですよね〜情けないのですが(ホント)

40歳を超えて、この環境で
こんな、当たり前のことを言ってくれる
友人もあまりいません。

             
いや〜友達は大事にしないといけないですね。
本当、心底そう思わせる人です。

突然、
話しは脱線しますが最近読んだ記事からです。

今の時代、色々な商品が氾濫しています。
正直な話し、何を選んでいいのか誰もが
迷うほどです。

そんな時、              
モノを勧める、売るエキスパートとして
必要とされるのは。。。

《お客さまに
 何を買ったらよいのか
 何を選んだらよいのか 》

を教えてあげられるひとだと。

教える=教育だと偉そうに
感じるかもしれませんが、
プロの視点から教える、ということ。

              
ここ大事ですが、
教える要素が入るということは
逆に教わる人は何かの知識を
得たり身に付けるということに
なります。

つまり
「成長」を感じることができる。

ひとは、「成長」している感覚を
もつと面白いと感じます。

自分の成長が実感できれば、
ますます教わりたくなります。

つまり、売る人、売られる人から
教える人、教わる人に変わるという
ことです。

その関係性、分かりますよね〜

そのためには豊かな技術や知識の
習得が不可欠になってきます。

              
ここを、きちんと理解して実践
されている方はお店でもガッチリ
お客さまの気持ちをつかんでいます。

プロの視点から教えてあげる、
これ大事ですね〜。





































 

これって珍しいの?

              
つい最近、前々から気になっていた
お正月のお飾りを八幡宮にもって
いきました。


その帰り際に撮った写真です。


やはり八幡宮は鎌倉を象徴する
パワースポットとして平日の昼間
でも結構な人手でした。


僕のオススメは源平池(げんぺいいけ)
の桜や紅葉なんですが
これもあげておきます。

               
鎌倉には、梅の名所が十数カ所あり
ますが八幡宮には数本しかありません。
なので結構珍しいんですね〜


いまは、牡丹園もみごろですし
これからの季節はやはり桜です。


Sakura laから徒歩10分かかりませんから
お立ち寄りの際にはいかがでしょうか。













 

想いは伝わらない?

              
今日は、ショートver.です。


想っているだけじゃ伝わらない。


念じていてもとどかない。


じゃあ、どうする?


カタチにしよう。


ありがとう、スタッフのみなさん!












 

SHIFT the future

              
また、飛ばしてしまいました(汗)。
言い訳はしません、スミマセン!

えっ、江利子さんがスイーツネタで
飛ばしてる?いいんです、いいんです(余裕)。

でも、日〇自動車からクレームあるかな〜
この題名。『ないない!大丈夫だから』と
いう大多数の声を尻目にはじめます。

              
そう、先日この春入社予定の方と会いました、
いわゆる新卒生です。

もう、それはキラキラですよね〜
当然、不安もいっぱいだと思いますが
希望も盛りだくさんです。

              
そんな不安を払拭すべき会ったのですが、
どうだったのかな〜。

近い世代のスタッフに協力してもらって
短い時間ですが楽しく過ごせたと思います。

まあ、入ってからが勝負ですので目一杯
残り少ない学生生活を楽しんでもらいたいです。

              
話しは変わりちょっと前の巨人、原監督の言葉。
『新人に必要なのは、朗らかさ・素直さ・
謙虚である。』この三点だそうです。

僕もこれには同意します。

ひとに教えをこう立場、フラットな心で
聞く耳をもつというのがプロとしての
領域を広げるという考えです。

それは、美容師も一緒だと思います。

プロには終わりがありません。

              
僕もほぼ社会人生活30年(?)近い
のですが、よっぽど突き抜けている
ひと(天才肌)を除いて仕事ができる
と言われている人には共通点があります。

それは周りとの『バランス感覚を持っている』
ということです。

              
もっとわかりやすく言うと人の話しを聞ける
ということです。

人の話しをきちんと聞いてそれを自分のものに
する、そこから自分のオリジナリティを加える
これができる人がドンドン伸びていきます。

楽しみですね〜。

おまけ(実家近くからの富士山)

































 

謹賀新年!

              
明けまして、おめでとうございます。

いや〜もうお休みから5日たって明日からまた
営業再開です!今年のお正月みなさまは
どうすごされましたか。

僕はかなりゆっくりとのんびりの
お正月らしい雰囲気で終えました。

お正月にDVDを5〜6本まとめて
みたのは久しぶりです(苦笑)。

何がよかったかは、今度また(笑)。

              
同時にやっていた箱根駅伝2位に
10分以上の圧勝でした!5区の
神野くん凄かったな〜それにしても
今回初優勝の青山学院の創部は
1918年!ほぼ100年前!

ということは、100年かけての優勝。

100年ですよ!100年!って1世紀!?。

関係者の方の喜びがどれだけ大きい
ものだったか察します、本当に
おめでとうございます。

さて、話しは100つながりで膨らみます。
              
100年たっても存続している企業を
いわゆる長寿企業といいますが、県内には
そんな企業が760社もあります。

ちなみに、昨年100年目を迎えた企業は40社。

業種的には小売業がおおく、サービス業の輩出率は
なんと0.63%(100件あったら1件無いレベル)。

寂しいですね〜悲しいですね〜(他人事!?)

地域的には古くから城下町として栄えた小田原や
箱根町周辺などの西湘方面に集まっているようです。
              
そう考えると横浜などはまだまだ開港からの歴史など
意外と浅いんですね〜これも以外。

でも、100年会社を存続って凄いですよ、ホント。

ちなみに、弊社は今年で11年目なんですね。

ある、データによると(信ぴょう性あるのか?)
設立後、年数経過しての法人(会社)の存続率は、

 1年目で40%

 5年目で15%

10年目になると6%

20年目なんて0.3%。。。
              
わかりやすく言うと、同時オープンのお店で
100件あったとすると10年経った時に
残っているのは6件です、6件!!

もう、これは普通に責任感じますよね、
経営者なら。

正直な話し、オープンだけなら誰でも
できます(資金があれば)。

続けることの難しさを感じる数字ですね。

でも、いったい新年そうそう僕はなにが
言いたいんでしょう(絶句)。
              
ようは、消費税が伸ばされたとかそんな
呑気なことでこの景気がよくなるなんて
思っていません!

100年つづける企業にするぞ!なんて
大ボラも吹きません!

              
でも、この春には希望に胸を膨らませる
新入社員も入ってきます!

お客さまの笑顔のために、スタッフの
やりがいのために目一杯頑張りますと
言うことだけなんです。長いかな?



それでは、みなさま今年もカマクラビューティー
SAKURA・fragrance・Sakura laを宜しく
お願いいたします。









































 
<<back|<123456789>|next>>
pagetop