April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ついにその日が来た

              
何だろう?何でしょう?
この何ともアンニュイなテーマ。


大丈夫なの?と思われる方、
大丈夫ですよ〜
                                


そう、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』です。


覚えてますか〜と言いますか知ってます?


えっ、知らない?生まれてない?あ〜そう、
では、ご説明します。


この映画は1985年に初めて上映されそれから
シリーズ3部作となりました。この映画で
主役のマイケル・J・フォックスは一躍スターダムへ。
公開当時全米で『フュ−チャー現象』と呼ばれるブーム
が生まれるほど大ヒットしました。

                   
当時、高校生だった僕はワクワクしながら
映画館に足を運んだものです。


あらすじはというと、(かなり要約)
1985年のカリフォルニア州ヒルバレーに住む
ロックとペプシが大好きな高校生マーティが
親友の変わり者科学者ドクのつくったタイムマシン
で時空をこえ冒険の旅にでるというものです。


その先々で家族や自分の将来を変えるような事件に
遭遇しながらもなんとか乗り越え、それがきっかけ
となりマーティ自身も成長をしていく。
                      


こんな感じでしょうか。
                   
この、映画は様々なことを教えてくれます。


家族や友人を大切にすること。

物事は思い通りにはいかないが、
楽をしてもうまくいくことはない。


そして、
自分の道は、自分しか知らない
そして、それは決められてはいない、
ここから切り開くもの。

                   
それが、思春期(?)の僕には
ズーンときました。


では、そんなことで今年はBTTFの30周年
イヤーなんですね、それを記念してのコラボ
カフェに行ってきました(期間限定)。


池袋のサンシャインにあるんですね〜
12月ぐらいまでやっています。
                     


では、ちょっと中に入りましょう!



おっ、映画でドクの着ていたシャツ?
これかな〜?


                   
など、など中に入るとプレミアものばかり。



ウッ、あの宙に浮くホバーボードもある!!
これは、トヨタのレクサスが今年開発したと
発表しました(CMにも出てる)。



マ、(もはや、声も出ない)
ナイキのひも結びスニーカーにビフのスポーツ年鑑。


もう、ダメです。ドキドキが止まりません(笑)。


これ、覚えてますか〜
そう、あれです(もはや説明不能)。



駆け足できてしまって、最後は画像だけになってしまい
すみません。


ですが、最後までしっかり読んでくださった
律儀なあなたにプレゼント画像です。


そう、そう大事なことをい言い忘れてました。


昨日、2015年10月21日はパート兇
マーティとドクが未来として行ったメモリアルな
日なんですね〜(やっとタイトルとつながった)。


どうだ〜(子供か?)


デロリアンDMC-12

Next Stage

              
いや〜夏がおわり、一気に寒々しい
朝などが来て体調をくずされてませんか。

そうそう見ましたか?この選手、知ってました?

そう、ラグビー日本代表の五郎丸選手!!
最近、一気に有名人になりましたよね。


                          
エッ、知らない?そうですか〜                
では、ご存知ない方のために少し説明します。


ラグビーというスポーツ、現在4年に一度のW杯が
イギリスで開催されていますが、過去7回の大会で
1勝しかできなかった日本が世界チャンピオンにもなった
南アフリカなどを破り3勝をあげました!(これだけでも奇跡!)


残念ながら、目標のベスト8には届きませんでしたが
4年後の日本開催に向けて非常によいスタートがきれたと
思います。


でも、ペナルティゴールをバンバンいれた五郎丸選手も
その立役者だと思いますが、一番の功労者は
エディ・ジョーンズ・ヘッドコーチです。


この方、これだけ盛り上げておいて11月からそれも
南アフリカのストーマーズというプロチームの監督就任が
決まっているんですねっ、有り得ますか?この引き際。
これぞ、プロフェッショナルじゃないでしょうか。


この姿勢、シンクロの井村コーチなども似ていますよね
必要とされる環境に行く⇒結果を出す⇒立ち去る、この
ローテーションですね。


この二人に共通する点が、

『結果に対して妥協しない』

『先を見据えて行動する』この2点です。

そして、この2点は経営者として日々忘れては
いけないことです。


僕としては、最後まで日本ラグビー協会の
体質を変えるため会見でボロクソに言って
立ち去ったエディさんに日本ラグビーへの愛情を
感じずにはいれません(涙)。
また、戻って来て欲しい方です。


話しは、変わりますが先日会社案内の撮影をしました。
来春の入社内定者がモデルです。


その雰囲気をどうぞ!
                          


向かって左から、
資生堂美容技術専門学校の山田雪乃さん
横浜市立商業高等学校Y校別科の千葉紗登美さん
横浜ビューティーアート専門学校の長谷川凪沙さん
同じく、横浜ビューティーアート専門学校の久松優二くん


どうですか〜いい表情してますよね〜
ずっとこの表情が見られるよう僕も含め、
既存のスタッフも色々な変化が必要になってくると思います。


いい写真のあとで、何ですが新卒のスタッフが退社を
考える理由として、

1.入社前後のギャップ

2.人間関係

3.仕事が与えられない孤立感

  などがあるそうです。


もっと細かくいうと、入社日に名札が出来ていない、
自分の使うロッカーが用意されていない、
ロッカー周りが乱雑、というのも要因になるらしい。


美容業界では、定説ですが2018年問題というのが
あります。2018年を境にして美容学生数が
急激に減るというものです。


こういう細かいところも徹底して入りやすい
サロン作りができるのだと思います。


あっ、忘れてた!会社案内の写真、もう一枚!



フレグランスのあずささん。
日中の撮影でしたが、天候も良く楽しい時間となりました。
アレッ、手に何持ってるの(笑)?


そう、なにごとも現状だけでは行き詰まります。
少し、上をみて前を向いて歩かなければいけません。
昔を振り返ってる暇などありませんよね。


さあ、先を行こう!前に進もう!

New face!

               
こんにちは、いや〜昨日あたりから
やっと初夏をかんじる日差しに
なってきましたね〜いかがお過ごしですか?


前回のさびしいブログは空に例えると
こんな感じだったのではと思います。


タイトルは、『 一丁目の夕日 』。



まあ、自宅前で撮ったものですが。。。


アレ、幻想的すぎました(笑)?

               
こんなモヤっとした気分を一掃させる
爽やかな(えりこさんが大好きなフレーズ)
風がふきました!

弊社も新卒の求人を行っていますが、
来年複数名の方の内定がきまっています。


その中の学生さんが本日、実習にこられました。


               
むかって左が資生堂学園の山田 雪乃
さんです。(右はフレグランスのあずささん)


この夏、来春の入社予定者が実習や
アルバイトなどでお店に来ます。


みなさま
どうか、温かい目で(時にはきびしく!)
ご指導のほど宜しくお願い致します。

おまけ(ちょっと遅い!?)





 

ブログ再開します!!そして、お別れです

              
だいぶ空いてしまいましたが、
気持ち新たに進めていきます!


実は、こんな僕を掻き立てることが
本日ありました。


今日まで9年間弊社に勤めてくれた
美穂さんの退社日だったのです。



本当に大変だったと思います、統括店長として色んな目配り
気配りをしてくれていました。


感謝してますよ、こころから。


そして、彼女の成長とともにfragranceいや会社も
成長したのだと思っています(まだまだですけど)。


でも、ちまたにはこんなにサロンがあるのにうちを
選んでくれてありがとう。


また、今回一身上の都合で退社される千裕さんも
3ヶ月のお付き合いでしたが助かりました!
ありがとうございました。


出会えて良かったですよ、ほんと。



ところで、美穂さん!
いつ幸せになるの?













 

成長を感じる瞬間!


              
週末の夜に友人の誕生会を
行いました。

その友人は、6年前に娘つながりで
できた友人です。(娘同士同級生)

あろうことか、その彼と僕も
誕生日が2週間ぐらいしか変わりません。

だから、どうしたネタ(笑)ですが。。。
いろいろな意味で近いのです。

そんな彼、僕に色々と言ってくれます。
(その一部から)

『 髪型が昔のジャニーズっぽいね! 』
『 その靴の汚れどうにかならない?』
『 ひとが話してるときスマホさわるなよ! 』と。

少しデフォルメされている感じですが(苦笑)、
ほぼノンフィクションです。

でも、正論ですよね〜情けないのですが(ホント)

40歳を超えて、この環境で
こんな、当たり前のことを言ってくれる
友人もあまりいません。

             
いや〜友達は大事にしないといけないですね。
本当、心底そう思わせる人です。

突然、
話しは脱線しますが最近読んだ記事からです。

今の時代、色々な商品が氾濫しています。
正直な話し、何を選んでいいのか誰もが
迷うほどです。

そんな時、              
モノを勧める、売るエキスパートとして
必要とされるのは。。。

《お客さまに
 何を買ったらよいのか
 何を選んだらよいのか 》

を教えてあげられるひとだと。

教える=教育だと偉そうに
感じるかもしれませんが、
プロの視点から教える、ということ。

              
ここ大事ですが、
教える要素が入るということは
逆に教わる人は何かの知識を
得たり身に付けるということに
なります。

つまり
「成長」を感じることができる。

ひとは、「成長」している感覚を
もつと面白いと感じます。

自分の成長が実感できれば、
ますます教わりたくなります。

つまり、売る人、売られる人から
教える人、教わる人に変わるという
ことです。

その関係性、分かりますよね〜

そのためには豊かな技術や知識の
習得が不可欠になってきます。

              
ここを、きちんと理解して実践
されている方はお店でもガッチリ
お客さまの気持ちをつかんでいます。

プロの視点から教えてあげる、
これ大事ですね〜。





































 

これって珍しいの?

              
つい最近、前々から気になっていた
お正月のお飾りを八幡宮にもって
いきました。


その帰り際に撮った写真です。


やはり八幡宮は鎌倉を象徴する
パワースポットとして平日の昼間
でも結構な人手でした。


僕のオススメは源平池(げんぺいいけ)
の桜や紅葉なんですが
これもあげておきます。

               
鎌倉には、梅の名所が十数カ所あり
ますが八幡宮には数本しかありません。
なので結構珍しいんですね〜


いまは、牡丹園もみごろですし
これからの季節はやはり桜です。


Sakura laから徒歩10分かかりませんから
お立ち寄りの際にはいかがでしょうか。













 
<<back|<12345678>|next>>
pagetop