September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

まさか、もう そんなことが…

                
そう、もう終わりです。。。
2月が(苦笑)。


またまた、意味深に引っ張ってしまいました。


そう、早くも今日でおしまいなんですね、2月。


あれよ、これよと言っているうちに
春の気配を感じます。


江利子さんのブログにもありましたが、
あと1ヶ月もすれば弊社にも4名の新卒が
入社してきます。


どこの業界でもそうですが、美容業界の
入社初期の離職率は高いです。


やはり、4月から7月の3ヶ月に約3割
が辞めると言われています。


その原因は、こう考えられます。


ホームページやSNSでは感じられなかった
人間関係、いつまでたってもデビュー出来ない
教育システム、自分に割り当てられないやりがい
を感じる仕事などギャップに苦しむのがこの頃です。


『 そんなの当たり前〜あなたが甘いんでしょ!!』
というのは、簡単です。


そう、ならないよう。そう、感じられないように
最近店長が集まって業務後に『 ああじゃない、
こうじゃない 』と話し合っています。


本当に、頼もしいスタッフ達です!


会社もそのスピードに負けないように、
迎え入れる準備を進めています。


これは、昨日の鶴岡八幡宮の桜です。



この花が満開になる頃には、
新しいカマクラビューティーが始まります。


 

どちらを選ぶ?


                
先日終わった大相撲初場所見ました?


なんと10年ぶりに日本出身力士が
優勝したことで湧きに湧きました。


その琴奨菊関31歳11ヶ月
での優勝は歴代3位、入幕から初優勝
までの場所数も歴代2位と苦労人です。


とにかくケガが多く何度もカド番大関で
一年前の初場所は、9勝6敗で引退も
考えていたようです。


誰が一年後、この優勝を予想したでしょうか?

                
そんな大関を支えたのが美人で有名に
なった奥様とトレーナーの方ですよね。


奥様はアスリートのフードマイスター
資格を取り専属のトレーナーは体幹・
下半身・メンタル面も強化したと言います。

                
最初は、トレーナーが考案するプログラムに
半信半疑だった関取も徐々に出始める結果に
『できないんじゃない、受け入れてない
だけだったんだ』と気づき始めました。


そんな、琴奨菊関がある場所後に見た
動画それが躍進のキッカケになったようです。


それが、コレ!


あなたはどう思いますか。


 

Go for a walk

                
いや〜元旦から開けっ放しでしたね
失礼しました。


気が付けば、もう1月も終盤。
どちらかと言えば今年に入ってから
せちがないニュースが多い気がします。


時短や効率など便利になればなるほど
失うものも増えていると思います。


それは、気持ちの余裕に表れます。
そんな時は、散歩に行きましょう!


今の鎌倉はいわゆる閑散期なので、
少し寒いですがどこもスッキリ
しています。




どうですか、
『 Go for a walk in kamakura 』などなど。



美容学生のみなさん、来週からの国家試験
頑張ってくださいね!

新年明けましておめでとうございます

               
みなさま、明けましておめでとう
ございます。天候も良く、穏やかな
お正月ですね。


さて、昨日の大晦日は、日中大掃除に
明け暮れてしまいました(苦笑)。


それでも、夜は友人宅にお呼ばれし、
年越しで反省会(?)をしてきました。


その流れで、繰り出しました鶴岡八幡宮。
いい時間なので人は少なめです。


               
今日は、元旦恒例の実家詣でです。



おせち料理が並ぶ食卓。               
日本人に生まれて良かったと思う
瞬間です。


                
左から、建築家の兄・真ん中は母75歳です。
兄は、SAKURA・fragrance・Sakura laの
設計デザイナーでもあります。


嵐の前の静けさと言ったところでしょうか(笑)。


みなさまは、どんなお正月をお過ごしですか。
(中央に富士山がちょこっと見えます)。


 

今年もありがとうございました

               
もう、明日から平成28年、
2016年が始まります。
早いですね〜ほんと。


弊社 Kamakura Beautyも
12年目に入ります。


その道のり、動きは鎌倉の
アノ列車に似ているかもしれません。
そう、これです。


               
時速15Kmぐらいで走るので、
自動車で言えば徐行レベル(笑)。
でも、しっかり堅実に走ります。


でも、この時代予期せぬことも
起こります、そんな時はこのように
疲れグッタリしてしまうこともあります。


               
それでも、私たちの仲間に入りたい!
という若いエネルギーに後押しされ
何とか立ち上がります。


☆2016年度新卒入社予定のみなさん
 (勝手に使ってゴメン)。
 
              
でも、私たちは知っています。
一人でできること、三人でできること
十人でできることの可能性を。


時には行き違いもあります、
でも、それは当たり前です。
環境が違えば、考え方も違ってくる。


その根底にあるのは、目の前の
お客様を大切に思う気持ちからです。

               
最終的には、想いや思いやりが勝利します。


そんな、仲間たち。
信頼できるプロの集まりがKamakura Beautyです。



みなさま、              
今年一年、Sakura la、fragrance、
SAKURAをご愛顧頂きまして
ありがとうございました。


迎える新年は、1月4日(月)から
通常営業となります。


新年ゆえ、ご予約状況に
まだ若干の余裕がございます。
どうか、ご利用ください。


では、みなさま良いお年を
お過ごしください。
 

USJとサロンの相関関係?

                 
先日、行ってきました〜(この忙しい時に!)
勉強も兼ねてココに!(みんなに内緒で。。)

そう、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンです。


                               
いや〜思いつき、無理やりといいますか、時間も
タイミングも合わなかったんですが、
勢いで、午後一に出て次の日の19時には帰ってました。。。


20代ならまだ、分かりますが僕の世代
からするといわゆる弾丸ツアーです(苦笑)。
ずっと動いてた感じ。


そう、東のディズニーと比較すると
チケット代が高い!!入場するためのパス
だけだとこの時期人気アトラクションは
なんと200分待ちなんですね!?
200分ってなに???3時間以上!!!


冬空の下、いい大人が〜?!
死にます、絶対ムリです、ムリだって。
そう思いますよね、たぶん。

                
なので、ディズニーのファストパス的な
ものがあるんですね〜エクスプレス・パス
って言うんですが、これをいれると
チケット代だけで2〇〇もします、ヒ~。

                
そして、ここにはリゾートのように
時期によってチケット代が上がるという
システムも存在します(がめついな~)。


でも、USJ側もROI(投資対効果)を考えての
戦略です。そこに譲り合いは存在しない。

                
まあ、お客さまからすると完璧なインフレ状態
ですよね。それでも、行く!行きたいと思う。


それは何故でしょう。
それは、高いお金を払ってでも
行きたいと思うアトラクション(商品)があるから。

                 
払うお金以上の価値を期待させるものがあるからです。
サロンのお店づくりも結局そうですよね。
どのサロンもやっていることはみな同じ。


じゃあ、それ以外に何が理由で来るのか?
その理由をつくるのが経営者の仕事です。


魅力あるもの、ワクワクするものに人は集まりますが、
そんな、価値を感じさせるアトラクションに行ってきました。


今回の目的は、これ!!
そう、ハリーポッター〜

アトラクション名、ウィザーディング・ワールド・オブ
ハリー・ポッターです(長い)。



                 
【簡単なハリーポッターの説明】
イギリスのJ.K.ローリングによる大人気
小説を映画化し数々の賞を受賞。
主人公のハリー、友人のロン、ハーマイオニー
などが毎回課題に直面し成長する姿や
善と悪の壮大な物語は、幅広い層のファンを
虜にし続けている、というもの。

                  
まあ、ここのアトラクション(ライド)、
結論から言うとただただ凄い!!


米の専門誌で3年連続、
『 世界最高アトラクション 』の栄誉に
輝いているんですね〜ホント、
アトラクションの概念が吹っ飛びます!!

               
USJが年間売上の半分の450億円の
総工費をかけた意気込みを感じます。


結局、投資しなければ回収につながらない
ということを切実に感じました。


それが、人(人財)なのかモノ(商品作り)
なのか常にアンテナを張って見極めなければ
いけないと思います。


 
<<back|<123456>|next>>
pagetop