December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

SAKURA SEVENS


寒いですね〜               
さて、気が付けばもう師走。
小町通りにはすでにこんなポスターも貼られています。



年齢を追うごとに、体験値が高まるほどに
時間の経過が早く感じるそうです、
知ってました?


新しいことへの取り組みがないと、
大脳も記憶をどんどんスルーして
いくのでしょうか、怖いですね。


そう、今回のお題は横文字です。

読みの鋭い方は、
『 なになに、鎌倉ビューティーの
社員スタッフがなんかやる? 』
                
近い!いや、かなり遠い!!(どっち?)


実は、これです!

これが、タイトルのサクラセブンズはな



いや〜強そうですね〜はてどっかで見たようなボール
            

そう彼女たち、来年のリオデジャネイロオリンピックで
正式競技となる7人制ラグビー女子日本代表なんです。


でも素敵なネーミングですよね〜しっかり感情移入
してしまいます(苦笑)。


先日、来年のオリンピックを出場をかける
アジア予選決勝が東京の秩父宮ラグビー場で行われました。

                
オリンピックを決める瞬間に立ち会えるなんて
人生の中でそうそうありませんよね、それを最近
成長過程で妙にクール(カッコよくない)に振舞うことを
覚え始めた娘に何かを感じてもらいたく向かいました。
(僕が応援したかったのも当然ありますが)。

               
アジア予選は香港・東京と2回に分けて行われる
トーナメントです。その2回の総合優勝チームに
オリンピック出場が決まります。


だいたい女子だから(ゆるい)、人数も少ないから(楽そう)
なんて思いますがとんでもないんです。
ダッシュやブレイクダウン(ボールの奪い合い)による
肉弾戦は男子さながらの迫力があります。


知ってますか?人が真っ向からぶつかると『 ゴン!』
という鈍い音がします。これは、男子も女子も一緒。

                
この競技、時間は7分(15人制は40分)ですが、
その広いフィールドを使っての陣取りはフィジカル
のみならず頭脳も使う戦略ゲームです。


実は、僕もやったことがありますが、まずしんどい。
走る距離が普通じゃないし、これを女性がやるなんて
とも思ってました。


でも、ナメてました〜〜激しい!激しい!!
刺すような、ひざ下タックルなんて当たり前、
仰向けに倒す場面などもあり白熱しました。


そして、この1戦に勝てばオリンピックが決まる
2日目、2試合目のVSカザフスタン戦!ポイントは
2位ですが、香港ラウンドで2勝している相手です。


会場内は、ほぼ優勝ムード。
サポーター陣営はもう祝勝会準備。


でも、負けた〜甘くなかった。
それも、逆転で。。。


それは、そうカザフスタンも国を背負って
死ぬ気でやっている。勝負事に絶対はなかった。


                
でも、ポイントで1位と2位同士、
午後に再戦がありました。


その結果、14-7で優勝を果たしました、おめでとう!


                
いいですね〜シャンパンシャワーこの瞬間を見せたかった。
この4年間、200日以上の合宿など努力が実りました。
(娘撮影:惜しい!左下部が)

そして、会場にはこんな人も



BSフジで特番やった時からのお付き合いだそうです。
(娘撮影:これはいいね〜でも肖像権とか平気かな?)
                

興奮気味にシャッターを切りまくる娘をみて、
『なにか心に残ったものはあるのかな〜』
などと思いながら帰路につきました。


こういう感情や思いは部屋の中でスマホ・PCを
触っているだけでは芽生えないものです。


皆さんは、最近どんな体験をしていますか?


 

comments

   

trackback

pagetop