December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

教育されないから辞めるって?

                
先日、株式会社 セイファートさんの
セミナーに参加しました。


このセミナー、『採用・教育』がテーマで
この日は雨模様ながら40名以上の熱心な
オーナーの方がいらっしゃいました。


実は、今回はセイファートさんのお誘いで
講師としての参加です。そのきっかけと
なったのが2016年度の新卒採用です。


内側で見ていては気づきませんが、
弊社規模のサロンで4名採用というのが、
色々なところで話題になったようです。


その経緯もあり、多数のサロンの中から
3社選ばれ、そのうちのひとつが弊社となり
僕に白羽の矢(どんな矢?)がたちました。

                
『思ったことを話してください!』、
  なんていい加減な打ち合わせのもと
  15分程度お話ししましたが、皆さんの
  熱心さには頭が下がります。

                
最初に、五郎丸ポーズが掴みかな!
と思っていましたが熱視線にそれも
断ち切られ(苦笑)、具体的な施策には
ウンウンと頷かれながらペンを取られていました。


それだけこのテーマがいまのサロン
にとって重要だということです。


そうそう、採用といえば弊社も現在
新しい会社案内を作成していますが、
その中から蔵出し画像をお見せしますね(初公開)。

本人たちもびっくりポン!の一枚だと思います(笑)。




fragranceのあずささん



Sakura laの千里さん


一般的に、全国/店舗数は約23万店舗
約48万人の美容師がいると言われています。


それでは、一都三県、
(東京・千葉・さいたま・神奈川)ではどうでしょう?
一都三県の店舗数は5万店舗、そしてスタッフ数は
というと8万6千人しかいないんです。

                
現状として、通常一都三県のサロンには
二人をきる人員しか行き渡らないということ。
どれだけ一人だけの個人店が多いのか。


そうなると、採用⇒教育⇒定着の図式が浮かびます。


ですが、これについてはこのような考え方もあります。
ここからは、LINEの元CEO森川さんの著書
「シンプルに考える」の中からの引用です。
                

『そもそも僕は「教育」という言葉が
あまり好きではありません。
なぜなら、「教育を受ける」というように
そこにあるのは「受け身」の姿勢だからです。

もちろん子供の頃は生きていくのに
最低限必要な知識や教養を教育される
必要があるでしょう。

しかし社会人になってから「教育を受ける」
という意識でいることが理解できない。

会社に入るのは、その会社で何か実現したい
ことがあるからです。
                
僕たちは、その「想い」に共感できる人
だけを採用してきたつもりです。

だから「勉強したい」「成長したい」
「学びたい」という主体性があるのが
当たり前。

「受け身」でいること自体が
   不思議なのです。

仕事は与えられるものではなく、
自らつくり出すものです。

つまり、すべての根底に主体性が
あるということ。

主体性がなければ絶対にいい仕事は
出来ないし活躍することも出来ません。
                
会社に「教育」を求める人は、
その時点で問題があると思うのです。

しかもそんな人に限ってこう言います。

「成長しないのは、会社が教育しないからだ」
                
これは教育を言い訳にしているだけ』。

どう、思いました?


ズルい言い方かも知れませんが
僕は、この意見に半分共感し
またそれだけでもないと思います。


どの業種でも、
『〇〇がないから出来ません!』っていう人に
   〇〇を与えてもやりません。


  また、 
『会社が〇〇してくれないからやれません!』
 っていう人に〇〇を差し出してもやりません。

                
本当にやる人間は、〇〇をつくらないんです。
そういう人間はどんな状況にあっても芽を
出してきます。


分かる人間は知っています。


それは、昨日朝からSakura laのヘルプに
入りながらも夜フレグランスに戻って
一人練習をしていたあずささんを見ながら
思ったことでした。


基本、美容師は職人ですが、
背中を見て育て!の時代は終わりました。
個々の主体性を換気しながら、物事を伝えていく時代。


そう、来年弊社は教育に重点を置き
進めて行こうと思っています。


詳細については、また説明します。


画像、話しが若干シフトしますが、
こちら、Sakura la近くの農協連即売所(レンバイ)
の野菜です。どうですか、この色味。
季節柄、葉物が多いですね〜


これらの野菜は、太陽からの光を浴び、
地中の微生物に助けられて成長していきます。


色々な手助けがあり時間をかけ今ここに
並んでいるのではないでしょうか。


人間だって同じですよね。
                


素敵な写真がありましたので、アップします。

先月、鎌倉市内『長谷別邸』にて弊社が
関わった婚礼写真です。
和装ですね〜



お二人の装い



新婦さま中心で、後ろから



人力車に乗って


華やかで艶がある、
これが美容師の仕事じゃないでしょうか。

comments

   

trackback

pagetop