October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

最近思ったコト

               
スミマセン!1ヶ月飛ばしましたね、
ある意味ことし一番忙しかったのが
原因だと思います。(苦しい言い訳)

Sakura laもおかげさまで、無事に
2周年を迎えられました。これも
ひとえに温かく見守ってくださる皆様の
おかげです。この場をかりてお礼を申し
上げます。

では、本題です。

最近思ったコト、それは。。。
『 数字は人がつくる 』ということ
(もう結論!?)。

               
そう、僕が学生の頃は決まってファミレス
などに集合してああじゃない!こうじゃない!
と話していたものでしたが、それでも
ここはムリ!と話していたところもありました。

なんと、大手チェーンなのにメシがマズイ!!!

これ、本当です。

地元民はこぞって敬遠してました。
だからといってとりわけサービスがいい訳でもない
率直に言って、中途半端なお店。。。

そこ、今ではセブンイレブンに変わってます。
               
逆な例もあります(弊社とは異業種)。

最近、大事な打ち合わせで横浜に出た帰りのこと
ちょうどお昼どき、ダメだな〜とおもいながらも
その開放感で体が炭水化物を欲しています。

『お客様さま〜いまご利用になれますよ〜』的な
威勢のいい女性スタッフの声につられて入りました。

某地下街、有名ラーメンチェーン店。

坪20ぐらいのお店に30名のお客さん、これ
美容室ではないな〜とおもいながらも着席。
客層はお店の知名度やつくりから幅広い。
               
そこのお店、調理3人のホール(?)4人
で切り盛りしていました。

この4人(男女×2)の連携が凄い!

まず、お客さまの入店時に復唱、
オーダー入るとかならず復唱、
オーダーが出るときも復唱、
スタッフ同士何か頼む時も復唱、確認
お客さまの退店時にも復唱。
そして、バンバン回す。

いいか悪いかは別として、
このオペレーションのしつこさは
凄い!と思いました。

まず、ミスがすくなくなる
お客さまが不快な思いをしません。

多分にうるさいと思う方はリピート
しないと思います。。。
本質の部分として、正直味は普通です(苦笑)。

まあ、あくまでこのお店の話しです。

でも、これをみて、ああそうだよな〜数字は一人では
あげられない、つくれない、周りの仲間がいる
からできるということ。

『 数字は人がつくる 』ということの再確認をしました。

最近、特に空気の乾燥を感じます。
みなさま、ご自愛ください。
































 

comments

   

trackback

pagetop