November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2018年問題って知ってますか?

               

さあ〜行きましょう!(サラッと)

ドンドン進みましょう(半年なにしてた苦笑)。

 

 

今、一回消えたんですね泣。

ちゃんと保存しないから泣。

 

 

そのショックから立ち上がって

行きましょう!

 

 

そう、勘のいい読者はお気づきかも

しれませんが、そう、それ!

 

 

主に大学経営などで使われるワード

なんですね、でも美容業界にも

大いに関係があります。

 

               

2018年問題とは、日本の18歳人口が

急減することなんです。

 

 

だからなに?

そうきますよね〜じゃあ説明しましょう。

 

 

18歳という年齢は、高校を卒業し

専門学校に進学する年齢です。

 

 

それが、2018年以降減り続け

2024年の6年後には今よりも

15万人減の106万人になる予測です。

 

 

そもそも、全体の母数がいない?

               

そして、美容学生数は2000年の

4万人(ビューテフルライフの頃)を

ピークに直近では6割減の1万6千人ほどです。

 


これは,困った。。。そもそもなり手がいない。

 

 

               

そう、実際には2020年(オリンピックイヤーか!)

を境に学生数が圧倒的に減っていくようです。

 

 

そうか〜サロンに新人アシスタントがいなくなる?

考えられませんよね〜いまのところは。

 

               

まあ、どうしようもないことをアレコレ

考えてもしかたがないので、やめに

しましょう笑。

 

 

一概に、労務環境、労務環境って言いますが

なんなんでしょう?

 

               

最近のSakura la堀合店長の終業メールから、

 

『よく、お店の前を通ってたんだけど、

いつも楽しそうに働いてるのが見えたから

来てみようと思ったの』と新規のお客様。

 

 

結局、こういうところなのかなと

シンプルに思います。

 

 

働きがいを感じるサロン=入りたくなる業界は、

繋がっていると思います。

 

 

そう感じてもらえるように、さあ何をしよう!

 

 

暑くなってきましたね、皆さん、ご自愛ください。

 

comments

   

trackback

pagetop